木の飾り

高齢出産の妊娠初期は注意が必要?

40歳以上の妊娠出産の確率などについて記しています。

木の飾り 木の飾り

高齢出産の妊娠初期は注意が必要なのかについて


ここでは、高齢出産の妊娠初期は注意が必要なのかについて、書いています。

妊娠初期というと、まだ安定していないので注意が必要な時期。

あまり無理をしてしまうと、流産してしまうことも。

高齢出産の場合は特に注意が必要、ということを聞いたことはありませんか?

実際のところはどうなのかについて書いていきますので、よかったら参考にしてみてください。



高齢出産の妊娠初期は注意が必要なの?


高齢出産の妊娠初期は注意が必要なのかというと、要注意なんです。

なぜ要注意なのかという、高齢出産はリスクが高いからなんです。

妊娠初期は、誰もが不安定なんですが、高齢出産はさらに不安定。

どういったことに気を付けないといけないのかというと、

・とにかく無理をしない
・ストレスを溜めない


などです。

これらを詳しく説明していきます。



妊娠初期はとにかく無理をしない


妊娠初期は、とにかく無理をしてはいけません。

不安定な状態なんです。

特に高齢出産の場合、流産しやすいんです。

流産する確率は、高齢になるにつれて、どんどん上がっていきます。

そのため、高齢出産の方で流産を経験されているって結構いるんです。

ですので、高齢出産の妊娠初期は、流産のリスクを軽減させるためにも、無理をしてはいけません。

また、妊娠初期はつわりがあったりします。

つわりだけでも、かなりの体力を奪われてしまいます。

ですので、安定期までは安静にしておくようにしましょう。

重い荷物を持つのも絶対にしないようにしましょう。



妊娠初期はストレスを溜めない


ストレスって、妊娠の大敵って知ってましたか?

特に高齢出産の場合、ストレスを溜めてしまうと、いろんなリスクが考えられます。

例えば、妊娠高血圧症です。

これは、ストレスが溜まりすぎると発症してしまいます。

それにより、母体だけでなく、胎児にまで悪影響を与えてしまう可能性があります。

また、ストレスによって、ホルモンバランスが乱れることがあります。

ホルモンバランスが乱れることにより、生殖器に悪影響を与えてしまうのです。

精神的にも不安定になったりも。

ですので、できるだけストレスは溜めないようにしましょう。

もしストレスを感じたら、発散させるように心がけましょう。



高齢出産の妊娠初期は要注意のまとめ


高齢出産の妊娠初期は、このように要注意が必要なんです。

高齢出産は要注意が必要と言いましたが、そうでなくても注意は必要なんです。

ただ、やっぱり若い人とは違います。

高齢出産は今、決して珍しいことではありません。

今、高齢出産される方はすごく増えてきているのです。

だからこそ、しっかりと高齢出産のリスクを理解することが大切だと思います。

そして、妊娠初期はちゃんと自分でケアできるようにしておきましょう。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 40歳以上の妊娠出産の確率【40代、妊娠率や妊娠する可能性】 All rights reserved.
木の飾り