木の飾り

40代の妊娠率ってどのくらい?

40歳以上の妊娠出産の確率などについて記しています。

木の飾り 木の飾り

40代の妊娠率ってどのくらいなのかについて


ここでは、40代の妊娠率ってどのくらいなのかについて、書いています。

年齢が上がるにつれて、妊娠が難しくなっていくことは、みなさんもご存知だと思います。

どのくらい難しいか、妊娠率がどのくらいなのかご存知ですか?

そこで、どのくらいの妊娠率なのかについて書いていきますので、よかったら参考にしてみてください。



40代の妊娠率は?


40代の妊娠率ってどのくらいなのかというと、40歳で5%です。

かなり低いと思いませんか?

40歳で5%なのに対し、45歳になるとなんと1%になってしまうのです。

この妊娠率とは、妊娠したくて、排卵日に性行為をし妊娠した確率のことです。

はっきりいって、妊娠率ってすごく低いものなんです。

そのため、妊娠できることは奇跡とも言われています。

ちなみに20代30代前半の妊娠率は、約30%なんです。

ですので、30代後半になると、一気に妊娠率は下がるということになります。

では、どうして妊娠率は下がってしまうのでしょうか?



卵子が老化する


年齢と共に、体だけでなく、卵子も老化します。

卵子って、毎月作られているものだと思っている人もいますが、実は違うんです。

卵子は、私たちが胎児の時に、一生分作られているのです。

一生分の卵子が作られてから、私たちは生まれます。

そして、卵子は徐々になくなっていきます。

卵子は徐々になくなるだけでなく、傷ついたりして、老化していくのです。

卵子は老化すると、受精しにくくなったり、受精できたとしても、うまく成長できなかったりします。

そういったことがあるため、高齢になると妊娠率が下がってしまうのです。



着床が難しくなる


また、高齢になると、着床が難しくなったりします。

いくら、受精できたとしても、着床ができなければ意味がありません。

着床できない、ということは、妊娠には至らない、ということです。

そのため、高齢になるに連れて、妊娠率が下がるのです。

また、着床できたとしても、流産の可能性も出てきます。

高齢になると、流産の確率も高くなるのです。

実は、妊娠中に摂るよう推奨されている葉酸なんですが、普段からしっかりと摂っておくと子宮内膜が強くなります。

それにより、着床しやすくなったり、流産を防ぐことができます。

ですので、普段から葉酸を摂ることを心がけるのもいいでしょう。



40代の妊娠率のまとめ


このように、年齢と共に妊娠率は低下していきます。

頑張って妊活しても、なかなか子供ができない、って人、すごく多いんです。

そのため不妊治療をされてる方も大勢いらっしゃいます。

しかし、不妊治療も40代になると、なかなか難しく、成功される方も少ないのです。

ですので、もしどうしても子供が欲しい、と思うのであれば、できるだけ早くから妊活をスタートさせることをおすすめします。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 40歳以上の妊娠出産の確率【40代、妊娠率や妊娠する可能性】 All rights reserved.
木の飾り