木の飾り

40歳以上だと流産する確率はどうなる?

40歳以上の妊娠出産の確率などについて記しています。

木の飾り
40歳以上の妊娠出産の確率【40代、妊娠率や妊娠する可能性】 >> 40歳以上だと流産する確率はどうなる?
木の飾り

40歳以上だと流産する確率はどうなるのかについて


ここでは、40歳以上だと流産する確率はどうなるのかについて、書いています。

ここ最近、40歳以上で出産される方が増えてきています。

ですが、40歳以上となると、なかなか妊娠はできなくなってしまいます。

また、高齢になると、流産しやすいってことを聞いたことはありませんか?

実際のところはどうなのかについて書いていきますので、よかったら読んでみてください。



40歳以上だと流産する確率ってどうなるの?


40歳以上だと流産する確率ってどうなるのかというと、やはり上がってしまいます。

どのくらいの確率かというと、40歳で40%です。

すごく多いですよね。

さらに45歳になると50%とまた確率が上がってしまうのです。

考えると、二分の一の確率で流産してしまうということなんです。

大変つらい現状です。

そこで流産の予防方法を紹介します。



妊娠が分かったら安静にする


流産を防ぐ方法の1つ目が、妊娠が分かったら安静にするということです。

妊娠初期である妊娠12週前までに起こる流産のことを、自然流産と言います。

この自然流産は、どうしても防ぐことができません。

なぜなら、染色体異常が原因だからなんです。

しかし、無理をすることによって流産になってしまうことがあります。

これは安静にすることで、防ぐことができます。

もし、お腹がよく張ったり、出血が起きた場合は、すぐに受診してください。

そして、医師の指示に従うようにしましょう。

切迫流産と診断された場合は、とにかく安静にしないといけません。

状態が落ち着くまで安静にしないといけないのです。

高齢出産になると流産の確率が高くなるので、できるだけ無理をしないように気を付けましょう。



子宮内膜を強くする


子宮内膜を強くすることにより、流産を防いだり、着床しやすくなります。

でも、どうやったら子宮内膜を強くすることができるのか?

それは、葉酸です。

葉酸は、胎児の成長に必要な栄養素なので、厚生労働省も妊娠中にしっかりと摂取するよう推奨しています。

そんな葉酸なんですが、子宮内膜を強くしたりという効果もあるのです。

そのため、妊娠したいと望んでらっしゃる人の多くが葉酸をしっかりと摂っています。

葉酸をしっかりと摂ることで、妊娠しやすく、流産しにくい体になっていくのです。

葉酸は、レバーやホウレンソウ、海苔などに多く含まれています。

だけど、食事ではなかなか摂れなかったり、摂れているか心配になったりすると思います。

そんな場合は、葉酸サプリの摂取をおすすめします。



流産する確率のまとめ


高齢になるにつれて、どうしても流産する確率は高くなってしまいます。

また、妊娠する確率がどんどん低くなっていくのです。

だから、高齢での妊娠を諦める人もいます。

それってとても辛いことだと思うんです。

なかなか妊娠できずに、治療を受ける方もいます。

それでも授からないことも多いんです。

これは女性にしか、また経験された方しか分からない辛さです。

もし、いずれ子供が欲しい、と思っているのであれば、できるだけ早くから妊活することをおすすめします。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 40歳以上の妊娠出産の確率【40代、妊娠率や妊娠する可能性】 All rights reserved.
木の飾り